第二の人生

ランドセルは日本の初等教育において欠かせない独自のツールとして、子供の成長を見守り続けています。

しかし、小学校を卒業すると、想い出のたくさん詰まったランドセルは、処分もできずに倉庫や押入れ等で保管されているケースがほとんどです。
そこで、6年間の想い出がたくさん詰まった使用済みランドセルに、ノート、えんぴつ、クレヨン等の文具を詰めて、世界でもっとも物資が不足している国の中のひとつであるアフガニスタンとモンゴルなどのこどもたちにプレゼントする活動が始まっています。

ランドセルをプレゼント

使わなくなったランドセルを、アフガニスタンやモンゴルなどの子ども達に贈ることが出来るって、ご存知でしたか?2004年からスタートし、ランドセルという身近なものを通してボランティアとリサイクルの両面を、日本の子供達に広く知ってもらいたいと考え始まったもの。
6年間の想い出がたっぷりと詰まったランドセルが、海を渡って第2の人生を歩みはじめます。

アフガニスタンでは、教科書やノートを布に包んで片道10キロ以上の道のりを歩いて、学校へ向かい、青空教室が多く、木陰などで男女別に別れて、地面に座って勉強するそうです。

地面に指で字を書いて勉強する。
布に包んで持ち運ぶので、教科書はすぐボロボロになる。

日本のランドセルは、背負うスタイルが歩きやすいし、箱状なので、教科書が痛みにくいし、 青空教室で机がないので、ランドセルを机代わりにして勉強する事が出来る!!!
心から、素晴らしいなと思いました。

おすすめWEBサイト 5選