プリザーブドフラワーについて

皆さんはプリザーブドフラワーについて御存知でしょうか
。ここではそんなプリザーブドフラワーについて紹介していきます。

プリザーブドフラワーとは一体何でしょうか。プリザーブドフラワーは生花よりも長時間楽しむ事の出来る花です。ある意味非常に不思議な花、生きた花でありながらその状態を長い期間保つ事ができるのは夢のような話ではないでしょうか?
しかも、枯れずに美しい花を楽しむ事ができる。まさに現代の技術があってこそ生まれた方法かもしれません。それが今回紹介するプリザーブドフラワーなのです。

プリザーブドフラワーのメカニズム

ところでプリザーブドフラワーの「プリザーブド」とは、一体どういう意味なのでしょうか。プリザーブドフラワーの「プリザーブド」とは、それを直訳すると「保存」と言う意味になります。後ろに「フラワー」が付いていますから、「保存した花」とでも言った意味になるのでしょうか。

直訳するとそのような解釈になりますが、プリザーブドフラワーは日本語に翻訳するとそうのような意味となります。

皆さんは実際にプリザーブドフラワーを御覧になった事が有るでしょうか。それではここからはこのプリザーブドフラワーについて紹介していきます。

プリザーブドフラワーは言ってみれば、生花の組織を保ちながらも、水分とプリザーブド液をすりかえると言う言わば特殊な技術によって加工されたものです。このような花の事をプリザーブドフラワーと呼びます。お勧めはプリザーブドフラワーです。

ここではもう少しプリザーブドフラワーのメカニズムについて紹介しましょう。プリザーブドフラワーの場合、元々生花に有る水分を抜く事でバクテリアの発生を抑えます。そして抜いた水分に代わるプリザーブド液によって、瑞々しさと柔らかさを保たせます。それ故プリザーブドフラワーは生花でないにも関わらず、まるで生花のようなしなやかさを長い間楽しむ事が出来ます。

その点がプリザーブドフラワーの最大の特徴である、と言ってもよいでしょう。またプリザーブドフラワーには生花と違って、水を与える必要が有りません。その上プリザーブドフラワーは生花より軽いと言った特徴が有ります。プリザーブドフラワーには更に面白い特徴が有ります。
プリザーブドフラワーの場合、例えば黒や青等、元々の生花には無い色を含めて、様々な色のバリエーションを楽しむ事が出来ます。こうして見ると、プリザーブドフラワーは従来の生花と、それにドライフラワーの両方の良さを兼ね備えた、まさに画期的な花材なのです。

皆さんにはこうしてプリザーブドフラワーの概略がお分かり頂けたでしょうか。
ここからはプリザーブドフラワーの歴史について少し触れていきます。

プリザーブドフラワーの歴史

所謂プリザーブドフラワーは、花の「葉」にグリセリンを吸わせて、そして長く保存させます。その点がプリザーブドフラワーの加工の始まりです。もっともプリザーブドフラワーのその手法は、実に今から20年以上前から取り入れられていました。ですが開発当時のプリザーブドフラワーは、現在のように色を入れるものではなくて、生花の自然な色をそのまま活用すると言った物でした。

その後欧州はベルギーで、薔薇の加工技術も開発され、その結果色を吸わせたプリザーブドフラワーが誕生する事となりました。また、こうしたプリザーブドフラワーの加工技術とは別に、南米はコロンビアでもプリザーブドフラワーの加工技術が新たに開発されました。これがプリザーブドフラワーの世界で言う、後のフロールエバーと呼ばれるものとなっていきます。

ところで日本にプリザーブドフラワーが初めて導入されたのは、一体何時頃であったのでしょうか。日本に初めて入ってきたプリザーブドフラワーは、先にも触れた欧州はベルギー産のものでした。日本でこのプリザーブドフラワーが根付き始めたのは、今から約10年前だと言われています。
日本にプリザーブドフラワーが定着し、普及していくきっかけになったのが、このフロールエバーの入荷が始まってからの事となります。もしこのフロールエバーが日本に入荷されていなければ、もしかしたら定着しなかったかもしれませんね。

このような敬意を辿って今では結婚祝いのプレゼントや誕生日などのギフトとして定番の商品へとなりました。いつまでも美しく枯れない花をもらうことはとても嬉しいものです。それ故にお祝いの場所での定番商品へと定着して言ったのでしょう。

人気のプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは1991年にフランスはパリの会社が開発したものです。プリザーブドフラワーはその美しさと瑞々しさ、そしてそのリアルさにとって、瞬く間に欧州を席巻しました。プリザーブドフラワーは日本にも導入され、徐々に広がりを見せていきました。

その後プリザーブドフラワーは教室、ブライダル、そしてギフトのマーケットにおいて急成長を見せています。そして現在ではプリザーブドフラワーは人気のある習い事の上位にランクインしていて、生花店でのプリザーブドフラワーも取り扱いも広がっています。

生花教室が流行ったように、プリザーブドフラワーも人気を博しました。贈り物としてとても便利なものなので、これを機に習ってみたいと考える女性が多かったのでしょう。好きな花を選び、また好みのカラーに変身させることのできるプリザーブドフラワーはとても魅力的なものだったのです。

最後に皆さんがこのプリザーブドフラワーを手にしたら、一体プリザーブドフラワーをどのように扱ったらよいのでしょうか。ここではプリザーブドフラワプリーの取扱いにおける注意点について紹介します。皆さんが実際にプリザーブドフラワーを手にする機会が有れば、是非とも以下のザーブドフラワーの注意点について参考にして頂ければ、と思います。

プリザーブドフラワーの注意点

プリザーブドフラワーは生花と違って、水をあげる必要が全く有りません。それ故、プリザーブドフラワーは手のかからない花である、と言うことが出来ます。ですが勿論プリザーブドフラワーを取り扱う際には、注意するべき点が有ります。
プリザーブドフラワーは以下のような環境を苦手としていますので、皆さんがプリザーブドフラワーを保存する場合には、以下のものに気をつけてください。

  1. @プリザーブドフラワーが苦手とするものその一 直射日光
  2. Aプリザーブドフラワーが苦手とするものその二 高温多湿
  3. Bプリザーブドフラワーが苦手とするものその三 水

プリザーブドフラワーは以上のものを苦手とする花ですので、従ってプリザーブドフラワーの保管場所には十分ご注意ください。プリザーブドフラワーをこれらの場所に放置したおきますと、結局プリザーブドフラワーが色移りしたり、或いはプリザーブドフラワーの寿命が短くなってしまいます。

従ってプリザーブドフラワーを置く場合、直射日光が当たらず湿気の少ない場所に置くようにしましょう。そこが普通の花との違いです。ドライフラワーと生きた花の中間的な存在と言えますので、なるべく涼しいところに設置するのが好ましいと言うことですね。そうすればプリザーブドフラワーを長時間楽しむ事が出来ます。

もっとも先にも紹介したように、プリザーブドフラワーに水は必要無りません。従ってプリザーブドフラワーと水、と言う観点では、特に注意が必要です。間違って水を与えないようにして下さい。すでに加工されたフラワーですので、プリザーブドフラワーを水でぬらさない事が大切です。

それではプリザーブドフラワーの手入れはどうやって行なうのでしょうか。プリザーブドフラワーの手入れとしては、これは実に簡単です。
プリザーブドフラワーに付いた埃を、定期的に払っていくだけで大丈夫なのです。従ってこうして見ると、プリザーブドフラワーの手入れは全く難しく無い事がお分かりだと思います。