子供を守るチャイルドシートとは

チャイルドシートは(安全シート、チャイルドシートシステム、拘束カーシート、と呼ばれることもあります。)出かけるときはベビーカー、自動車ならチャイルドシートが赤ちゃんの車です。突時の死亡や怪我から子供を保護するように設計された席です。
自動車メーカーは、デザインや統合チャイルド彼らの車を直接席があります。最も一般的に、これらの座席を購入され、消費者が導入されています。

多くの地域は、車両に乗って使用する承認されたチャイルドシートを

  • 身長
  • 体重
  • および年齢

によって定義されている子供たちに必要です。
チャイルドシートは、制約を提供する変わりに有効でなければならないため適切に使用されます。

チャイルドシートの歴史

第一後の自動車が製造され、1900年代初頭の市場配置では、多くの変更や調整は、これらを保護するために実装されているドライブに乗る車で必要です。

ほとんどの拘束は、年齢、学校-前から幼児、子供のいない大人を保護に関してしていた配置に配置する。1930かかわらず子早い段階で製造される席がいたから、彼らの目的は、子どもの安全ではなかった。親だったに駆動が容易に高機能として持って子どもに席はブースター。 リブキンコロラド州デンバー、レオナルドは、子供を保護する目的で発明され座席を設置しました。

チャイルドシートの種類

すべてのチャイルドシートが作られており、同じプロセスを使用して製造、しかしながら、それらを使用する必要があります。方法として具体的なガイドラインと異なるサイズと年齢の子供たちのための座席の種類があります。

幼児座席
生まれた子供がいるから時間が、彼らは座席があります。幼児直面しているリアいつものように乗るで知られているだけでなく乳児用シート、ほとんど。 これらの座席は車両の後部です。赤ちゃんのために設計に直面しているままに、常に必要。
シートの読み込みおよびした最小のです具体的に幼児のため搬送容易にした帳簿を処理してください。10キロ14.5を介して彼らができます。幼児になるまでに使用されるモデルは、個々の各指定された指示に応じてください。
コンバーチブル席
キャリア幼児と同様に、このカーシートの種類は2番目の転換である。この席は、位置を直面している内に使用される背面前方にすることができます。使用される子供たちは、通常、背面に対向する位置は、旧1年間以上は超えていないことを使用する子供用の最小の重さです。いくつかの新しいモデルの座席は、35ポンドまでのお子様に直面して、滞在背面になりました。
達した後も持っていない子の最小要件が直面して前進すること、座席は振り向いたが、使用するまで、最大重量は座席には超えて使用する型の席に典型的に年齢はその周りです これは、子供の体重についてです。

次の5車の座席の進行は組み合わせ点ブースター、または組み合わせが席が大事。これは座席である前方を向いただけで、体重未満のお子様はシステムを利用するために5点を有している。このシートは、2歳未満の子供に使用することをお勧めしていません。

この席に通常の30ポンドの移行にできる子。新モデルは、メーカーの許可5ポイント活用に応じて、体重制限がと上がるシステム。いったんシステム拘束ポイントを重量越えする子供がいる。そのときは超過最大ウェビングは、削除することができます。今はブースターを持っているベルト位置決めを行っています。

ブースターシート
前述の組み合わせの席はブースター位置決めをハイバックベルトにすることができます。目的だけであれば、位置決めブースターはベルトバックも高く利用可能です。ベルトの位置ブースター他のタイプのブースターです。 腰痛またはノーバック。 バックブースターシート高の主な違いは、頭にサポートされています。その場合、座席がベンチの車両は、ヘッドレストは、車両によるものです。それを供給されることは、ブースターをバック高さが必要に使用します。
ブースターシート目的は、首を子どもの交流が乗ってベルトがされている提供肩ように子昇格を行い、ブレードが肩かかって適切にするためです。また、腹部組織のベルトが提供する"腰シート"がいうことができるソフトの休憩全体ではなく、子供の残りの部分の骨大規模なままにしっかりと保護します。
この席はポンド100以上に40ポンド以上のお子様入手可能です。1208年までの年齢から、子供たちは、シートのブースターが手狭にその可能性があります。大人の席の規制を許可して通常使用することができます。 これは、シートバックにまでその示唆されたままの子供だけです。

チャイルドシートの安全性

メーカーはパッケージ一緒に置くと正しくれていることを確認品質コントロールを席があります。しかし、それは続いて正しく保証するものではありません。されていることの命令が含まれて付着します。

子供のため、シートは開設可能性ではありますが、保護されているシートの安全性は95%、右、または方法がいくつかの固定で誤ってしまうかもしれませんが、車両のベルトに互換性のないためフックすることができる。夢中に緩く車にすることができる可能性がありますが袋に空気の前に誤って配置されます。

1997年には、車両事故でなくなった6人の子供の抑制が正しくされませんでした。シート検査サイトで安全チャイルド マウイ島警察署 命令の問題とともに、席を安全、これらを含む子供たちを影響する可能性が危険性は他のですが、されて続いて適切に。 最近の研究ではその明確化が必要で、 多くの例を挙げ乳幼児突然死症候群、 シートを使用しての安全性(SIDS)に配置するときにいる乳児は嘘をついて長時間座ったり、これらの位置です。

死亡する乳児の研究者が審査500人以上、それはシートの安全の子などのデバイスにあった発見された幼児が中に死亡が発生したことは、安全装置の子によるSIDSの死亡率が発生している年齢のグループの年齢これで起こる17の死の下にあることがわかった1ヶ月間これを有する。
席が安全子に関するハイリスクすることが見つかりましたSIDがありますされ、ケベック州検死官はまた、と述べた"車の座席に入れて乳児が...と呼吸困難が発生落胆する必要があります。

彼の警告二の死の来た後-月-自体はベビーベッド、古いのではなく、子供用ベッド彼の身の安全の座席配置内の子少年だった左に昼寝インチ死が位置してリンクされて窒息。徐々に失ってつまり彼は原因の位置にいる子供は、の酸素供給が彼。検視官"頭部を言ったの赤ちゃん、それは共通のものと車の中に"不振前方席減らし、それが酸素を。

それが旅行中に停止を頻繁にするためのドライバをお勧めします。幼児を防ぐ時間の位置を任意の長さ方向の暴落に座って、これらのシートとすべての子の安全が間違っできる可能性が行っているだけのもの多数の小さな例は、次の知識を得るすべての親を見て、ということです。暗示にして購入している彼らが、製品とどのように動作する彼らが、この彼らは定格があることが使用される受信できるリソースをいくつか持っています。