ランドセルのあれこれ★歴史

オランダ語で「ランセル」と呼ばれていたことから「ランドセル」という言葉が生まれ、
それは通学用の背負いかばんを意味するようになりました。

当時のランドセルは今のリュックサックに近いものでしたが、現在のようなしっかりとした箱型ランドセルの誕生は早く、学習院で“ランセル”が採用された2年後の明治20年、時の内閣総理大臣、伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝して特注で作らせたものを献上したのがその始まりとされています。

昔のランドセルは?

その時のランドセルは、細かい部品まですべて革製というものがほとんどで、しかも骨組に木の板を使ったものも多くありました。そのため、大きさが今の物より二回りほど小さいにも関わらず、重さは1.6s以上もあったのです。

背負うことによって、子供の負担が軽減できる、両手が自由に使えるなどの長所から、ランドセルは小学生用として広く普及してきました。しかし、ランドセルは戦前まではどちらかといえば都会型の商品とされ、地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的でした。しかし、昭和30年代以降になると、全国的にランドセル通学が普及し、日本の小学生にランドセルは欠かせないものとなりました。

戦前、ランドセルに使用される革は、ほとんどが豚の革でした。というのも牛革は高くて使えなったからで、当時牛革はもっぱら靴用とされていました。牛革のランドセルが出回り始めたのは、戦後しばらくした昭和26 年頃の事です。

世界中を見渡しても似たような背負い式の通学カバンはヨーロッパの一部で使用されているに過ぎず、ランドセルは日本独自のものといえるでしよう。

おすすめWEBサイト 5選